相手から暴力をふるわれたら?

突然ですが、あなたに1つ質問があります。あなたはパートナーとケンカをして暴力をふるわれたり、それに近いことをされたことがあるでしょうか?

 

何故このような質問をしたのかというと、過去に暴力を受けた経験があるなら、浮気した事実を伝えたときに相手がお詫びするどころか逆にキレてしまい、今回も暴力をふるう可能性がゼロではないからです。もちろん悪いのは浮気をしたあなたのパートナーです。しかし、それが元であなたが暴力をふるわれてケガをしてしまったら、場合によっては命の危険にも繋がります。また、あなたにお子さんがいた場合にも、ケガを負わせる可能性もあります。では、パートナーから暴力をふるわれたら、またはその可能性がある場合にはどうすればいいでしょうか?

 

まず、浮気した事実を伝えて暴力をふるわれたら、まずは警察に連絡をすることが重要です。場合によってはあなたの両親にも相談して、一時的に実家に帰るのも1つの方法です。また、暴力をふるわれそうな場合には、浮気の事実を伝える際にも場合によっては、弁護士を通して行うことも1つの方法です。まずは、その危険性がありましたら、あなたの命、そして家族の命を守ることが先決です。
その際に実家に一時的に戻る、またはどこか住まいを借りるなどして身の安全を確保し、場合によっては弁護士を通して対応などをしてください。そのため、浮気調査を依頼するときに、あなたのパートナーの性格を前もって知っておくことが必要です。

 

 

>>離婚それとも復縁?

相手から暴力をふるわれたら?関連ページ

浮気発覚後の対応相談はできるの?
浮気調査をして浮気の証拠がつかめたら、パートナーに話を切り出さなければなりません。ただ、浮気の証拠を掴んだ旨を話した後に騒動になることも考えられます。そんな場合、調査会社は相談にのってくれるのでしょうか?
浮気調査の資料は証拠として使えるの?
浮気調査会社は、裁判の証拠資料となることを前提に証拠収集、報告書作成を行っています。自分で調査を行うよりも、最悪の場合に裁判になることも想定し、証拠書類を揃えるために、浮気調査会社に調査を依頼することをおすすめします。
離婚それとも復縁?
浮気調査を依頼するに当たっては、あらかじめ、浮気の証拠がとれた場合、離婚するのか復縁するのかを視野に入れながら依頼するとよいでしょう。つらいところですが、自分の気持ちの整理をしておきましょう。