浮気調査の資料は浮気の証拠として使えるの?

浮気調査をするということは、必ずパートナーに浮気をしていた事実を認めてもらうことになります。そのためには浮気調査した資料や報告書が、浮気の証拠として使えることが重要です。では、これらの資料や報告書は、浮気の証拠として使えるのでしょうか?

 

調査の資料や報告書が浮気の証拠として使えるかどうかといえば、使うことができます。報告書にパートナーの行動記録や時間などを記載し、あわせて写真や動画なども添付しているからです。また、浮気相手の証拠も写真や動画として記録を残してあります。そのためただの浮気の証拠としてだけではなくて、裁判の証拠資料にも使うことができるようになっています。これは浮気調査会社も裁判の証拠資料となることを前提に証拠集め、報告書の作成を行っているからです。逆の見方をすれば、これが唯一、浮気を証明する証拠書類となります。そのため、これらの証拠書類は、必ず厳重に管理することをオススメします。

 

この証拠書類を元に、今後どうなるのか、実際にどのように話が進むのかは。正直なところ分かりません。そのため、浮気の証拠を掴んだ事実を伝えた場合のことも考え、トラブルになった場合にどう対応すればいいのかもあわせて調査依頼時に確認しておくとよいでしょう。浮気調査を業務として行っているのであれば、今までにもそのような相談をお客さんから寄せられているでしょうし、対応方法も知っていることでしょう。本意ではないかもしれませんが、裁判を起こしたときのことも考えて、浮気調査の依頼を考えてみることをオススメします。

 

>>相手から暴力をふるわれたら?

浮気調査の資料は証拠として使えるの?関連ページ

浮気発覚後の対応相談はできるの?
浮気調査をして浮気の証拠がつかめたら、パートナーに話を切り出さなければなりません。ただ、浮気の証拠を掴んだ旨を話した後に騒動になることも考えられます。そんな場合、調査会社は相談にのってくれるのでしょうか?
相手から暴力をふるわれたら?
パートナーの性格によっては、浮気の証拠を掴んだ旨を話した時などにパートナーから暴力を振るわれる可能性があります。暴力の危険性を感じる場合の対処法などをご紹介します。
離婚それとも復縁?
浮気調査を依頼するに当たっては、あらかじめ、浮気の証拠がとれた場合、離婚するのか復縁するのかを視野に入れながら依頼するとよいでしょう。つらいところですが、自分の気持ちの整理をしておきましょう。