浮気調査の報告方法は?

浮気調査だけに限らずに報告には様々な報告方法があります。例えば、口頭で報告する方法、メールや書面などで報告する方法、ほかにもあります。それぞれの報告方法にはメリット、デメリットがあるため、一概にどれがいい悪いで決めつけることはできません。それぞれのケースで、それぞれの適切な方法で報告を行います。

 

浮気調査の調査結果の報告方法はどのようになっていて、どのような方法で報告するのでしょうか?まず、浮気調査の目的は、逃げられない確固たる証拠をつかむことです。そのためには第三者の浮気調査会社の調査員が口頭で伝えても、証拠としては乏しいのが現状です。なぜなら、口頭で伝える以上、その人の解釈により変化してしまうからです。もちろん、このことをあなたのパートナーに伝えたら動揺は隠せないと思います。「では、その証拠はどこにあるの?」と反論されるのがオチですよね。

 

そこで、報告の方法は書面やデジタルデータなどの形式にして、あなたに渡されます。そのため、浮気調査が終わって、「浮気した疑いがありました」、などの報告では終わりませんので安心してください。ただし、その浮気調査の結果を自宅で持っているとバレたときに不安な場合もあるかもしれません。そのときには、それらの調査結果を預かってもらうことができるのか気になるのではないかと思います。一時的に調査結果を浮気調査会社が保管してもらえるかどうかに関しては、確認しておくことをオススメします。

 

 

>>調査データはもらえるの?

浮気調査の報告方法は?関連ページ

浮気調査で提供するものは?
浮気調査で確実に証拠をつかむためには,調査会社に持っている情報をできる限り提供するとよいでしょう。浮気相手とやりとりしているメールや浮気したと思えるときのメモやレシートなどです。
浮気調査の機材とは?
浮気調査で使用する機材にはいくつかあります。一般的なものとしては,暗視専用カメラ,無線機,パソコンなどです。調査会社によって使用する機材は異なりますが,様々な工夫がなされているようです。
浮気調査の人数は?
浮気調査をするに当たり探偵事務所など浮気調査会社で対応する人数は,平均して2〜3人のところが多いようです。しかし,ケースバイケースになるのが通常ですから,打ち合わせ時によく確認しましょう。
途中報告はしてもらえるの?
途中報告の有無は,依頼した探偵事務所など浮気調査会社によって異なります。途中報告のサービスがある場合は,次から次へと連絡がくる場合もあるかもしれませんので,心の準備も必要ですね。
調査データはどんなもの?
浮気調査の報告書の内容としては、一般的に、調査日、目的、調査方法などの欄があります。浮気の証拠となり得るような写真や動画などについては、デジタルデータとしてCD-RやDVDなどで渡してもらえる場合もあります。
浮気調査後の資料やデータはどうなるの?
浮気調査のために収集した情報、資料、データなどですが、調査後の扱いが気になりますよね。これらは個人情報やプライバシーに関わる重要情報です。調査を依頼するときにあらかじめ調査会社に確認しておきましょう。
浮気調査のキャンセルはできるの?
浮気調査会社に調査依頼をした後に、気持ちの変化や何らかの事情でキャンセルしたい場合が出てきてしまうかもしれません。依頼時は気持ちが動転していることも少なくありません。依頼前に、キャンセルする場合の条件などをよく確認しておくことが大切です。