浮気調査の人数は?

浮気調査を行うには、まずあなたのパートナーがその浮気現場に向かうことが必要になります。そうしないと浮気の実態をつかむことができませんからね。そして、その浮気現場の証拠をつかむために尾行をしている調査員が必要になります。また、尾行だけではなく待ちぶせして、そこに来たあなたのパートナーの、浮気発覚現場を捉えることも必要です。そうなると浮気調査をするのに、どのくらいの人数が必要になるのか、気になると思います。その調査の人数によっては浮気調査の成功も失敗も、場合によって変わってくるからです。それとあわせて気になるのは、人数が増えればそれだけ調査費用も変わるのではという心配もきっとあるでしょう。

 

浮気調査に関わる調査員の人数というのはどのくらいなのでしょうか?これに関しては浮気調査会社によって変わりますが、平均して2〜3人のところが多いようです。もちろん、あなたのパートナーの行動範囲が広ければ、さらに調査員の人数も変わることも考えられます。さすがに同じ調査員がずっと尾行などを続けると怪しまれるおそれがあるからです。そして、この調査員の数も、あなたがどれだけパートナーの浮気に対して把握しているか、これによっても変わってくるのです。もし、浮気をしている現場を把握しているなら、ピンポイントでそこで調査員が待ち構えることもできます。また、ホテルや施設に入れば、そこで調査員を入れ替えることも必要になるからです。

 

>>調査の途中報告はしてもらえる?

浮気調査の人数は?関連ページ

浮気調査で提供するものは?
浮気調査で確実に証拠をつかむためには,調査会社に持っている情報をできる限り提供するとよいでしょう。浮気相手とやりとりしているメールや浮気したと思えるときのメモやレシートなどです。
浮気調査の機材とは?
浮気調査で使用する機材にはいくつかあります。一般的なものとしては,暗視専用カメラ,無線機,パソコンなどです。調査会社によって使用する機材は異なりますが,様々な工夫がなされているようです。
途中報告はしてもらえるの?
途中報告の有無は,依頼した探偵事務所など浮気調査会社によって異なります。途中報告のサービスがある場合は,次から次へと連絡がくる場合もあるかもしれませんので,心の準備も必要ですね。
浮気調査の報告方法は?
浮気調査実施後の報告方法としては,その目的が確固たる証拠を掴むためのものですから,一般的には書面やデジタルデータなどの形式にして渡されます。調査会社の方で,一時的に保管してもらえるかどうかも確認しておくとよいでしょう。
調査データはどんなもの?
浮気調査の報告書の内容としては、一般的に、調査日、目的、調査方法などの欄があります。浮気の証拠となり得るような写真や動画などについては、デジタルデータとしてCD-RやDVDなどで渡してもらえる場合もあります。
浮気調査後の資料やデータはどうなるの?
浮気調査のために収集した情報、資料、データなどですが、調査後の扱いが気になりますよね。これらは個人情報やプライバシーに関わる重要情報です。調査を依頼するときにあらかじめ調査会社に確認しておきましょう。
浮気調査のキャンセルはできるの?
浮気調査会社に調査依頼をした後に、気持ちの変化や何らかの事情でキャンセルしたい場合が出てきてしまうかもしれません。依頼時は気持ちが動転していることも少なくありません。依頼前に、キャンセルする場合の条件などをよく確認しておくことが大切です。