浮気調査に使用する機材は

あなたは浮気調査と聞くとどのようなイメージをするでしょうか?テレビや映画などでは尾行などを思い浮かべるかもしれませんね。よく犯人を尾行して、場合によっては物陰に隠れて、様子を伺ったりしているシーンを見たことがあるかもしれません。もちろん尾行に関しては浮気調査をするうえで、とても必要な方法になります。しかし、尾行だけでは確実な証拠をつかむことができません。その理由はなぜかといいますと、その浮気したことを問いただすために、決定的な逃げられない誰が見ても浮気をしていることが分かる情報が必要だからです。

 

具体的に浮気調査に使用する機材というのはどのようなものなのでしょうか?まずはカメラですね。カメラといいましても一般に市販されているカメラではありません。夜間、暗くても撮影が可能な暗視専用のカメラです。とはいっても、カメラを持ち歩いていたら、さすがにバレてしまいます。そこで、カバンに小さな穴をあけて、尾行しながら撮影を行うための小型カメラなどもあります。他には連絡のやり取りを行うため無線なども機材として持っています。そして、スグに浮気をした情報を記録するためにパソコンなども持ち歩いています。また、万が一のことも考えてセキュリティなどをして、中身が閲覧されないようにしている浮気調査会社もあります。他には調査会社によって扱っている機材は多少は異なりますが、このような機材を中心を使って浮気調査を行っています。

 

>>浮気調査の人数は?

浮気調査の機材とは?関連ページ

浮気調査で提供するものは?
浮気調査で確実に証拠をつかむためには,調査会社に持っている情報をできる限り提供するとよいでしょう。浮気相手とやりとりしているメールや浮気したと思えるときのメモやレシートなどです。
浮気調査の人数は?
浮気調査をするに当たり探偵事務所など浮気調査会社で対応する人数は,平均して2〜3人のところが多いようです。しかし,ケースバイケースになるのが通常ですから,打ち合わせ時によく確認しましょう。
途中報告はしてもらえるの?
途中報告の有無は,依頼した探偵事務所など浮気調査会社によって異なります。途中報告のサービスがある場合は,次から次へと連絡がくる場合もあるかもしれませんので,心の準備も必要ですね。
浮気調査の報告方法は?
浮気調査実施後の報告方法としては,その目的が確固たる証拠を掴むためのものですから,一般的には書面やデジタルデータなどの形式にして渡されます。調査会社の方で,一時的に保管してもらえるかどうかも確認しておくとよいでしょう。
調査データはどんなもの?
浮気調査の報告書の内容としては、一般的に、調査日、目的、調査方法などの欄があります。浮気の証拠となり得るような写真や動画などについては、デジタルデータとしてCD-RやDVDなどで渡してもらえる場合もあります。
浮気調査後の資料やデータはどうなるの?
浮気調査のために収集した情報、資料、データなどですが、調査後の扱いが気になりますよね。これらは個人情報やプライバシーに関わる重要情報です。調査を依頼するときにあらかじめ調査会社に確認しておきましょう。
浮気調査のキャンセルはできるの?
浮気調査会社に調査依頼をした後に、気持ちの変化や何らかの事情でキャンセルしたい場合が出てきてしまうかもしれません。依頼時は気持ちが動転していることも少なくありません。依頼前に、キャンセルする場合の条件などをよく確認しておくことが大切です。