浮気調査後の資料はデータはどうなるの

浮気の調査をするにあたり調査をしてもらうためには、こちらからパートナーに関する情報を提供する必要があります。その情報を元に浮気調査会社で尾行などをして情報を収集します。つまり、浮気に関する情報は、あなたとあなたが依頼した浮気調査会社で所有していることになるのです。そして、浮気調査が完了後、その調査した結果から報告書を作成して、あなたにお渡しします。この報告書は裁判などでも使える資料になっています。そのため、逃げられない証拠になるだけでなく、プライバシーや個人情報に関わる重要な情報が入っています。そうなると気になってくるのが、これらの情報や資料、データなどの取り扱いに関してです。浮気調査完了後、これらはどうなるのでしょうか?

 

収集した情報は、基本的には調査報告書完了後に浮気調査会社で破棄することになります。場合によってはあなたが望めば返却してもらうことも可能でしょう。資料やデータの取り扱い、破棄に関しては、浮気調査を依頼するときに書面上でどうするかなどが記載されていると思いますので、必ず確認することをオススメします。また、資料やデータを破棄する場合には、あなたに確認を求められると思いますので、必ず確認を行ってください。

 

また、基本的に調査報告書は直接手渡しで行います。郵送ですと万が一紛失したときに危険が伴います。また、中身はプライバシーや個人情報に関わるものですので、そのことも考えて直接手渡しが基本になります。これらの規定に関しては必ず確認をしてください。

 

>>浮気調査のキャンセルはできる?

浮気調査後の資料やデータはどうなるの?関連ページ

浮気調査で提供するものは?
浮気調査で確実に証拠をつかむためには,調査会社に持っている情報をできる限り提供するとよいでしょう。浮気相手とやりとりしているメールや浮気したと思えるときのメモやレシートなどです。
浮気調査の機材とは?
浮気調査で使用する機材にはいくつかあります。一般的なものとしては,暗視専用カメラ,無線機,パソコンなどです。調査会社によって使用する機材は異なりますが,様々な工夫がなされているようです。
浮気調査の人数は?
浮気調査をするに当たり探偵事務所など浮気調査会社で対応する人数は,平均して2〜3人のところが多いようです。しかし,ケースバイケースになるのが通常ですから,打ち合わせ時によく確認しましょう。
途中報告はしてもらえるの?
途中報告の有無は,依頼した探偵事務所など浮気調査会社によって異なります。途中報告のサービスがある場合は,次から次へと連絡がくる場合もあるかもしれませんので,心の準備も必要ですね。
浮気調査の報告方法は?
浮気調査実施後の報告方法としては,その目的が確固たる証拠を掴むためのものですから,一般的には書面やデジタルデータなどの形式にして渡されます。調査会社の方で,一時的に保管してもらえるかどうかも確認しておくとよいでしょう。
調査データはどんなもの?
浮気調査の報告書の内容としては、一般的に、調査日、目的、調査方法などの欄があります。浮気の証拠となり得るような写真や動画などについては、デジタルデータとしてCD-RやDVDなどで渡してもらえる場合もあります。
浮気調査のキャンセルはできるの?
浮気調査会社に調査依頼をした後に、気持ちの変化や何らかの事情でキャンセルしたい場合が出てきてしまうかもしれません。依頼時は気持ちが動転していることも少なくありません。依頼前に、キャンセルする場合の条件などをよく確認しておくことが大切です。